広告で人を幸せにしたい

広告営業マンのブログです。広告やお弁当のことを中心に書いていきます。

メルカリで高く売れたものベスト3  消費者の購買のメカニズムについて

メルカリで合計5万円位、売掛金ができました。

人って買う時は悩んで買うくせに、結構すぐいらなくなるもんだなと思いました。

そしてメルカリってびっくりする位すぐ売れてびっくり。

年末に向けて、身の回りのものを処分してみてはいかがでしょうか。

 

今日は、私がメルカリで高く売れたものTOP3をご紹介します。

 

メルカリで高く売れたものTOP3

 

第3位 ブルーレイプレイヤー

www.sony.jp

金額:6,000円 

ビックカメラで当時1万円で購入したのですが、実際に使ったのは2年間で4回程。

キレイな画質で映画見たいと思ってましたが、テレビが安物だったのであまり変わりませんでした。ネットで繋いで、HuluとかYoutubeとか見てました。

売れるまでは2週間位でしたが、コメントもたくさん頂き人気だった気がします。

 

 

第2位 ココマイスター 

cocomeister.jp

金額:9,000円

会社で表彰された賞金で自分へのご褒美に買いました。

ココマイスターは、全て手作りらしく注文してから2ヶ月弱で届きました。

今思えば、銀座で何かを買ったのもこの日が初めてでした。

財布はとても傷がつきやすかったですが、使っているうちに味だと思うようになりました。車に乗る時に毎回後ろのポケットから財布を出すのが面倒で、ズボンの前ポケットに入る折りたたみの小さい財布に切り替えました。8,000円の財布だけど今の財布の方が満足度高い。

 

 

第1位 iPhone6 

ec.geo-mobile.jp

金額:15,000円

 

キャリアとの2年間契約が切れました。

結果、下取りするより4,000円位安く、しかも一括現金で入るので良かったです。

あげてすぐ購入希望者が見つかったのでもう少し高くてもよかったかなと思いました。

 因みに新しい携帯はアンドロイドのAndroidoneのS1という機種です。

新興国向けに安く売るための端末ということもやり、安かったです。

アプリを複数起動すると重くなるので、アプリの同時起動は大体3つまでと制限してます。

iPhoneは自分に必要ない付加価値がどんどんついて高くなっていくでの買うのやめまいた。考えてみると常に手元にパソコンがあるし。

 

 番外編

また金額は大したことなかったですが、化粧品や健康食品はすぐ売れます。

定期購入で使わなくなった商品などすぐ売れます。

彼女もそうですが、メルカリで試し使いしてから本品購入といった動きがあるようです。

因みに現在マッサージチェアを10万円で売ろうとチャレンジ中です。

交渉が多く難しいです・・・

まとめ

このように自分で欲しいと思って買ったものを、売っていると広告代理店に入社してから読んだ本で「ジョブ理論」という消費者の購買行動のメカニズムについての本を思い出します。

「“何を”買うのか」ではなく「“なぜ”買うのか」である。『イノベーションのジレンマ』の著者による最新刊は、その“なぜ”を20年もの長きに渡り探求した成果だ。顧客の「片づけるべきジョブ(Jobs To Be Done)」こそ消費の基点、というのが本書の主張である。人々がモノを買うということは、何らかのジョブを片付けるために何かを「ハイア(雇用)」することだと。役立たずで「ファイア(解雇)」されることのないよう顧客に継続的にハイアしてもらうことが、イノベーションへの道だという。

 

高級時計は、時間を調べるために欲しくなるのではなく、

高級時計をつけている自分への自尊心を高めたかったり、するわけですし、

アサヒビールじゃなくPREMIUMモルツを買うのは「可処分時間の充実」を満たすためだったりします。確かに美味しさを吟味して30円分高いビールを買っている人はいないように思えます。

因みに最近はFitbitを買いましたが、これを身に着けて痩せたり健康的になるわけではないもんなぁ。改めて自分はそれを買って何を得たいのか考えてみようと思います。