広告で人を幸せにしたい

広告営業マンのブログです。広告やお弁当のことを中心に書いていきます。

現役広告マンが教える、総合広告代理店の地方と都心の違いとは?

現在業界大手広告代理店に務めておりますが、

それまでは東京と大阪でインターネットの広告営業をやっていました。

 

今回は自身の職業体験より都心の代理店の人に聞いていた話と地方で実際に働いてから感じた違いについて紹介できればと思います。
※地方でも、地場の広告代理店の場合はまた違う話かと思います。

 

広告代理店の本社と支社の違いについて

支社は基本的に全部1人で

例えば、本社にはお客様に広告を提案する営業と、提案内容を一緒に考えるSNSチームやマーケッターの人がいたり、ポスターなどを作るデザイナーがいたり、メディアを束ねる人がいたりと役割毎に仕事に振り分けられており、各々担当してくれる人がいます。プロジェクトによって、自分でどの人をアサインするか考えたりすることもあります。

これが支社の場合、自分でテレビ局などのメディアの人に声をかけ、クライアントに提案します。テザインなどは、地元のデザイン会社や、個人のデザイナーにお願いし一緒に作成したりクリエイティブチェックを行います。案件の規模が小さいからできるということではありますが、いろんな経験をできるという事でもあります。逆に個人プレーな感じは否めませんし、様々なラインで仕事することになるのでディレクター件フロント営業といった感じが強いように思えます。

 

f:id:jollibee0719:20171020191200j:plain

 

案件の規模はそりゃ違う

 東京・大阪はやはりナショナルクライアントが多いです。
誰がも知っているようなメーカーやゲーム会社などを担当することもできます。
しかし地方でも、全国に店舗があるようなクライアントも地域の広告代理店を使っています。
例えば、PARCOなどの商業施設もそうですし、大手デベロッパーの不動産がマンションを立てたいという需要も高いです。
しかしながら金額の規模は異なります。
その地方の会社の規模にもよりますが、月1,000万クラスだと東京では取り扱わない場合もありますが、地方としては大口のお客様となります。

 

地方は情報が遅れている?

f:id:jollibee0719:20171020185406j:plain

本社に代理店がある会社は、よく外部講師などやメディアの人を呼んで勉強会が開かれます。
中には、テレビ電話で繋いで講義を受けることはありますが、自由参加ものはいちいち申請しなければいけません。
また、WEB系のメディアやアドテクは東京の方が進んでいるため、日々ネットやプレスリリースをキャッチアップしたりと情報を取りに行く姿勢がないといけません。
メディアにやたら詳しくなっても仕方ありませんが、WEB広告が求められている世の中
DMPなどについて理解がないと専業代理店にお客さんを取られてしまうこともあります。
とはいっても地方はWEB広告はあまり需要がなく、新聞・折込チラシが主流です。
ずっと地方で代理店をやっていくならいいかもしれませんが、自分でしっかり勉強していく必要はあります。
たまに東京方が、地方に需要があると見て、説明に来てくれることもありますので私はそこで情報収集しております。

 

 

給与は都心とあまり変わらない?

f:id:jollibee0719:20171020185154j:plain

これについては雇用形態によるイメージです。
地域職と総合職があります。地域職は転勤なしで安いです。
まあ安いといってもうちの場合40代前半で600万の人もいます。
人によっては、20代後半で450万、30代前半で300万後半の人もいますが、
転職組は前職の給与が反映されたりしますのでここは一概には言えません。
しかし、物価なども考えると会社の規模にもよりますが、都内の方が高くて当たり前ですよね。
まあ地方が家賃が安く、住みやすいのは魅力的です。

 

 

人が少ないし、なんか冷たい?

ここは完全に私の主観ですが、地方の代理店は1人で仕事している事が多いからか心を閉ざしている人が多いです。
もちろんは話せば優しいのですが、我関せず感をとても感じます。
特に支社の場合は、10人以下の所が多いのでその傾向があります。
地元の代理店や、大手の分社などの場合は異なりますが、これが1番苦痛。
朝からケイティ・ペリーが流れてラジオ体操したり、社員旅行でディズニーとか行っていた前職と比べると
まあ閉鎖的。みんな何の仕事してるかわからないし。個人プレー。
会社の周年記念なんて地方は、ビールが3本渡せるだけでした。せめて会議室でみんなで飲むとかないのかw

 

 

まとめ

f:id:jollibee0719:20171020185628j:plain

 

総合代理店で働くなら。やっぱり東京がいいなと思います、
仕事の面では特に。本社オフィスは設備が整っているし、人が多い分優秀な人達が多いです。
それでも地元で働きたいという人は、地場の代理店や大手の分社をオススメします。
東北博報堂とか、電通九州とか、読売エージェンシー大阪とかね。
地方って長くやっている代理店は人の繋がりがあるので結構仕事あったりする。
 
自分で広告代理店やるなら、地元で制作やデザイン関係など内製できる会社ですかね。
イラレワードプレス、Web広告回せて、ツテが2,3あればやっていけるかな。