広告で人を幸せにしたい

広告営業マンのブログです。広告やお弁当のことを中心に書いていきます。

サイバーエージェント社の「AIR TRACK」のサービス説明会に参加してきました。

 

先日、携帯の位置情報を活用した広告配信サービスの説明会に参加してきました。

AbemaTVや、アメブロを運営している株式会社サイバーエージェントの位置情報を活用した広告配信「AIR TRACK」についてです。

 

f:id:jollibee0719:20171003190115p:plain

 

とてもいいなと思ったので、ちょっとレポートさせていただきます。

 一般の人でも面白いと思えるかもしれません。

 

まず、最初に結構知らない間に情報って流失してるという話をします。

iPhoneを持っている人は自分の携帯で設定を確認してみてください。

 

確認の仕方は簡単。

 

手順1

f:id:jollibee0719:20170930152850p:plain

設定のアイコンをタップした後、「プライバイシー」をタップします。

 

 

手順2

f:id:jollibee0719:20170930152856p:plain

「位置情報サービス」がオンになっているかと思います。

そうしたら、1番下までスクロールしてください。

 

手順3

f:id:jollibee0719:20170930152900p:plain

1番下までスクロールすると、「システムサービス」がありますのでタップしてください。

そうすると写真のようにたくさんでてくると思いますが、そこからさらに下までスクロールしてみてください。

 

手順4

f:id:jollibee0719:20170930152906p:plain

すると「利用頻度の高い位置情報」という項目がオンになっていると思います。

この「利用頻度の高い位置情報」をタップしてみるとそれぞれ過去頻繁に訪れている場所が表示されているのです。

 

私の場合は、職場、客先、家、行きつけの飲み屋が表示されており、

タップするとマップが表示されます。

 

他にもいつ訪問したのかや、何回訪問したのかもカウントされています。

この様に知らないうちに、情報って取られているなと。

もちろんこれって、事前に許可したからなんですが、ここまで取られているのかって感じですよね。

 

 

AIR TRACKのここが凄い

サイバーエージェント社の「AIR TRACK」は、

交通・天気などの100位上のスマホアプリから位置情報データを所得しています。

それをもとに様々な条件のユーザーに限定して、様々なWEBサイトやFacebook、グノシーの広告枠に広告を配信することができます。

 

様々な条件というのは例えば、

自社の店舗に訪れたことのある人に配信したり、

逆に、競合店舗へ訪れたことのある人に配信したり、などです。

f:id:jollibee0719:20171003150530p:plain

 

広告主からは、圧倒的にこの競合店舗に訪れたことがあるユーザーに対しての広告配信が非常に多いとのことでした。

それはそうですよね、営業マンとしては凄い売りやすそう(笑)

自動車ディーラーや、商業施設などはとても相性が良いらしいです。

 

こういった位置情報の配信も凄いとは思うんですが、

位置情報を使ったサービスだけに、来店したかどうかまでも計測できるのか凄いです。

これまで、ネット販売じゃない広告主は、WEB広告をやっても効果がわからないから・・・という理由で重要視しない場合が多かったです。

テレビやチラシもそれは同じだろといつも心の中でツッコミを入れております。

それが「AIR TRACK」の場合、来店計測が可能になりCPAならぬCPV(Cost Per Visit)として指標をもたせています。

 

もう1つ私が「AIR TRACK」でいいなと思っているは、商圏分析ができることです。

f:id:jollibee0719:20171003150747j:plain

 

これを使うことで、折込チラシや他県でテレビCMを実施した場合、

その効果が出ているかどうか、ある程度動きをみることができます。

今までの位置情報サービスは、点でしか捉えることしかできなかったのですが、

AIR TARACK」ではユーザーの動きを線で捉えることができるので、配信結果から様々な仮説検証を行うことができるのが強いと思います。

 

 

 

 

AIR TRACK」の頑張って欲しいところ

AIR TRACK」にも頑張って欲しい所があります。

1つは、建物の高さを指定配信できるようにして欲しい。

例えば、モデルルームなどがビルの中にあった場合、そのビルに出入りしている人全てが対象になってしまい、来店計測も困難になります。

 

それに対して、サイバーエージェントさんが対応しているがビーコンの導入。

www.cyberagent.co.jp

 

しかしこれでは、計測範囲が3メートル以内だし、Bluetoothをオンにしている人は少ないのでそもそも対象ユーザーがぐっと下がります。

そしてこのビーコンの導入は別途費用がかかるとのことで。

 

 

日々の生活から私達は様々な情報を公開しています。

携帯やパソコンを持てば、クッキーデータとかでパーソナライズされます。

Googleのアカウントやクレジットカードを持てば、さらに情報を公開することになります。ただそれが悪いということでもありません。

もちろん個人を特定するような情報やパスワードの流失は防ぐべきです。

ですが、自分がどんな人ですよというのを公開していけば、アドテクなどでオススメの情報が最適されることもあると思います。

個人的には、アンドロイド端末のおすすめ記事は、とても便利で助かっています。

 

なので個人を特定しないようなデータはどんどん供給して、自分の身の回りの広告を最適化していければなと思っています。

 

 「AIR TRACK」早く運用してみたい!!