広告で人を幸せにしたい

広告営業マンのブログです。広告やお弁当のことを中心に書いていきます。

安くて栄養価の高い野菜  ~お弁当ライフハック8週目~

 

お弁当生活も2ヶ月目です。

節約にもなりますが、自身の栄養やカロリーのコントロールできるのがお弁当ライフハック

コンビニ弁当は保存料などはいってたり、高カロリーの物が多いです。

美味いんですけどね。

一般的に仕事量が多いと呼ばれている広告代理店の営業

早死にする職業ランキングという不名誉なランキングでは堂々1位を受賞。

ハードワークをこなすためには、体づくりも重要ってことで自分なりに食生活に気を使っています。

 

とはいえ、野菜は高くて買うのを躊躇うことも多いのですが、

私が好んで食べる栄養価が高い野菜を紹介します。

 

おすすめの栄養価の高い野菜

ピーマン

5個入りで100円以内で買えるのでとても重宝します。

写真を振り返るとよく、ピーマンが使われているなあ。

週に1度の買い物で必ず買っていますね。

ビタミンCが豊富で、ビタミンCは体内で皮膚や靱帯、腱、骨などの組織になるコラーゲン合成を助ける作用があるようです。また強い抗酸化作用があり美容に良かったり、免疫機能や老化防止にも期待ができるとか。

そこまで考えていませんが、栄養がある野菜はとる位の意識はもっておきたいと思います。

 

豆苗

私は中華が好きなので、かつこれも100円で売ってるのでよく買います。

ご存知の通り、切った後根の部分を水につけていると1週間でもう一度生えてくるので

1回あたり50円と思うと、スーパーで見つけた瞬間マストバイ。

また栄養化が凄いらしい。

様々な栄養価がバランスよくとれるのと、これもビタミンたっぷりらしい。

詳しくはこちらのサイトが便利です!

www.murakamifarm.com

 

ほうれん草

ほうれん草も買いがち。ポパイも大好き。

ただ高い時は200円近くするので安いかどうかはその時によって違うので要注意。そういうときは、チンゲン菜とか買ったりします。

よくほうれん草のビタミンは水溶性ビタミンなので茹でたら駄目とか聞いたことがありますが、生は生で体に悪いとか。私はほうれん草のナムルにするか、ベーコンと卵で炒めたりします。

料理しやすい上に、癖が強くないのも好き。

 

 

今秋の献立

 

 どん。

f:id:jollibee0719:20170919194928j:plain

 

・エビチリ 20分

・ベーコンえのき巻き 20分

・牛肉とピーマンのオイスター炒め 20分

 

これも1時間ちょいで作れるやつ。

まとめて、全部冷凍しました。

牛肉のバラ切り落としが100gあたり98円と、豚バラより断然安いのでまとめ買い。

ベーコン巻きは、バターとニンニクで炒めて、最後胡椒ふっただけ。爪楊枝で刺して焼かないのバラバラになります。

エビチリはただのエビチリ、初めて作った。水の量を気をつければ簡単。

 

 

空気中の水分が冷凍して料理にくっつくのどうにかならないかー。

心なしか、冷凍にするの味が薄くなる気がする・・・

とはいえ、どれもお弁当に適しているのでお試しあれ~

 

 

 

化粧品通販の戦略を勉強すればアフィリエイターはもっと稼げるのでは

 

どうやったら商品が売れるのか、

どんな商品が売れやすいのか、

お客様とやり取りをしている中、とにかくお客様が知らなくて有益な情報を提供しようといろんな本やネット記事を読んでは、情報共有して会話していました。

 

事業計画とか数字のところはまだまだ勉強中ですが、

どうやったら商品が売れるのかをアフィリエイターさんも勉強すれば、

単に検索至上主義の中で戦わなくてもいいのではと思いました。

私の通販コンサルの経験をもとに、何かヒントになれば幸いです。 

 

商品の選定について

アフィリエイトには通販とかいろいろありますが、

私の知見をいかせる化粧品や健康食品に限定させていただきます。

化粧品でもたくさんの商品があります、単なる成果報酬の金額だけで選んでも

最初は稼げないという人は多いのではないでしょうか。

一般的に通販商品は、ドラッグストアに卸すのと違って商品を直接消費者に売るため

商品を安く売ることができると考えられていますが、そうじゃない場合もあります。

例えば、資生堂のエレクシールよりも再春館製薬所のドモホルンリンクルの方が値段が高いものもあります。

通販化粧品の主な集客口は、WEB広告、インフォマーシャル(テレビ)、新聞広告だったりします。アンチエイジング化粧品などは40代、50代の方々向けでありWEB広告よりもインフォマ、新聞広告の効果が高い傾向にあります。

実際に新聞広告の全5段で出稿している商品は高齢者向けのサプリや化粧品です。

 

裏を返せば、アフィリエイトで稼ぐためには若い人向けの商品で、

ネットで商品を購入している人向けがいいと言えると思います。

とはいえ、最近の40代以降の方もネットで商品買っているので一概には言えません。

以前とある高齢者向けサプリをお手伝いした時に、60代の方が商品を買っていたことがあり驚きました。

 

また、よく言われているのがドラッグストアなどで売っていないようなものは、

通販で売れやすいということです。

やはりドラッグストアだと気軽に買えてしまうし、わざわざ知らない会社の商品を、ネットで買うとなると、よっぽど商品に魅力がないといけません。

例えば「お尻ニキビ専用クリーム」とか、「手汗対策クリーム」とか。

いろんな商品を見て、そんな商品あるんだと驚きます (笑)

 

 

実際に売れている商品はどれか

ドラッグストアの経営者は売りたい商品を売場におきたいと考えてるはずです。

売れていない商品ばかり揃えても、自分のお店が潰れてしまうからです。

アフィリエイターは、このドラッグストアと同じです。

売れている商品を売り場に置く、つまり売れている商品をサイトで紹介すればいいわけです。

ではドラッグストアの人達はどのようにして売れている、売れていないを見分けて他社の商品の売り場におくのか。

 

メーカーの営業さんとかが、一所懸命商品を売り込んでいるのです。

メーカーの営業さんは、「この商品はこれ位CMやってます!」みたいな事を言うわけです。実際にドラッグストアに卸すためにテレビ広告をうっている企業もいました。

 

ではアフィリエイトで商品を紹介する場合どうするか。

どれだけメーカー広告を売っているか、1つの指標になりますよね。

例えば駅張り広告をやっている、「スキンビル」とかでもいいし、「敏感肌」で検索面を抑えている会社をチェックするのもいいと思います。

 

このように、化粧品会社のことを考えるのと、何も考えずにサイト作るのでは結構違ってくるのではないでしょうか。

と偉そうな事言いながらも、私は化粧品アフィリエイトやっていないのでわからないのですが、セミナーとかでよく言われてる一般的な事だわ!的な内容だったらすみません汗

 

 

ちょっと豆知識:周知効能について

蛇足ではあるのですが、私が面白いなあと思った周知効能についてご紹介します。

化粧品って、「シミ 化粧品」とか悩み系のキーワードで集客するのが一般的だと思うのですが、もう1つあるのが成分系のキーワードです。

「コンドロイチン」とか「ハイドロキノン」とか「ビタミンC誘導体」とか。

こういう成分で検索する人って、すでにその成分で解決できる肌悩み(効果)を知っているため商品の購入率が高い傾向があります。

昔成分系のキーワードが強い!と思った時にとある本にこのことを周知効能というものだと書いてあり、やっぱりそうなんだ!と興奮した記憶があります。

 因みに欠点があり、成分系はそもそも検索する人が少ないという事です。

 

まとめ

・WEBとの親和性が高い若い人が買いそうな商品を選ぶ。

・ドラッグストアなどで売っていないような商品を選ぶ。

・広告費をたくさん使っている商品を選ぶ。

 ・成分系で攻めるのもあり。

 

 

稼ぎたいのは分かりますが、 やってはだめなのは嘘をつくこと。

その広告は人を幸せにしないので!

通販は楽しいなー

 

 

「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう」のキャンペーンが楽しい。

 

2017年9月13日、株式会社サイボウズさんが日経新聞の全面広告にて

働き方改革に関するお詫びというタイトルの広告をうちました。

f:id:jollibee0719:20170914132244j:plain

 

以下全文

サイボウズは本年、おかげさまで創業20周年を迎えました。

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 

「世の中働き方を変えたい」と起業し、これまで7万5千社以上の

起業で弊社製品をご愛用いただいております。そして、わたし達自身も働き方の改革に取り組み、最大6年間の育児・介護休暇制度や在宅勤務制度、子連れ出勤、そして複業の奨励といった「100人100通りの働き方」にチャレンジしてきました。

そして、いまこの国に「働き方改革ブーム」が到来し、私たちの活動に広く注目していただけるまでになりました。

 

ところが、ところがです。私たちの意思はまったく伝わっておりません。とにかく残業はさせまいとオフィスから社員を追い出す職場、深夜残業を禁止して早朝出勤を黙認する職場、働き方改革の号令をだけかけて現場に丸投げする職場。なんですか、そのありがた迷惑なプレミアムフライデーとやらは…。

 

私たちが伝えたかった「働き方」とは、そういうことではないのです。メディアに登場し、全国で公演をし、政府へ意見し、本を出版してもなお、伝わっていない。

 

私たちにもっと力があれば、私たちがもっと強くメッセージを発信できていれば、このような働き方改革の現状にならなかったかもしれない。

不甲斐なさと申し訳なさでいっぱいです。

 

もっと発信力を、メッセージ性を・・・という訳でこの度、『紙兎ロペ』『野良ネコ』の原作者である内山勇士さんにアニメを作っていただきました。『ありきり』といいます。主人公はアリとキリギリス。テーマは、

「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう」。残業編・女性活躍編・イクメン編と3本ご用意しております。

 

イソップ童話では、働きアリが生き残り、キリギリスは死んでしまいました。果たして、21世紀でも同じ結果になるのでしょうか?現代を生きる働きアリやキリギリスたちは、どのように働き方改革に向き合い、どのように生きていくのでしょうか。

 

日本で働くみなさん、どうかお願いです。今すぐ「サイボウズ アリキリ」で検索してこのアニメを見てください。

そして目を覚ましていただけますと幸いです。

 

2017年9月13日

サイボウズ株式会社代表取締役社長

青野慶久

 

という、昨今の働き方、働き方改革のアプローチ方法について問題提起を促す内容となっています。

 

 

そしてこの文章の中でいっているアニメがこちら。

 

cybozu.co.jp

 

 

『紙兎ロペ』の作者だけあって、リアルなサラリーマンの会話がめちゃくちゃリアルで出だしからニヤニヤしてしまいました。

 

因みにサイボウズという会社はクラウドサービスを事業と柱として運営している会社です。

キントーンというアプリ作成クラウドサービスとか、

メールとかオフィス365みたいな社内ツールを販売している会社です。

 

クラウドサービスが働き方改革に直結するという事を言っている訳ではないと思うんですよね。中の人に聞いてみたいとわからないのですが。

たぶん会社で取り組みとか、文化が世の中に浸透していって欲しいとかだと思うんですよ。それが全く反映されていないと、そういう意図もあるのかなと。

 

 

広告の観点から

広告の観点からいうと、サービスの問い合わせ増加と、ブランディング効果があるのかなと思っています。

※上記のためにこのようなキャンペーンをやっていると思っているわけではありません。

ただの思いつきとか、世の中に1石投じるだけとは思えません。

というのも日経新聞の全国版、全面広告は定価で2,000万くらいします。

そしてこのサイトの制作費を考えるとリターンやKPIをないとGOがでないのかなと。

 

新聞広告の最後をみるとサイトへの誘導文章があります。

センセーショナルな内容の後、これを読んだ人はアクセスしそう。

クリエイティブとマス広告とWEBの連動。

まさにデジタルマーケティングなのかなと思います。

 

動画の再生回数と、サイトの滞在時間、SNSでの反応から、

ターゲットへのリーチ数とエンゲージメント。

因みに動画は、2017年の8月から公開されております。

新聞広告後からどれくらい再生回数が伸びたのか気になる。

 

まとめ:働き方改革について思うこと

アニメにあった会話はサラリーマンであれば、誰でも聞いたことがある位、

日常化しています。取り組むべきは、「働く時間」を減らすことではない。

働く時間が1時間で、稼いだお金が1万円

働く時間が30分で、稼いだお金が5千円であれば、意味がない

そして、会社としてもちろん稼ぐ金額を減らすわけにはいかない。

となると、働く時間を減らすのではなく、働く質をあげるしかないのです。

 

よくマーケティングではジョブ理論という言葉があります。

顧客(個人や企業)の生活にはさまざまな「用事」がしょっちゅう発生し、彼らはとにかくそれを片づけなくてはならない。顧客は用事を片づけなくてはならないことに気付くと、その用事を片づけるために「雇える」製品やサービスがないものかと探し回る。”(『イノベーションへの解』)

例えば、人は時間を知りたくて高級時計を買うわけではない。

その高級時計を買って、凄いと思われたいという自分像を買ったりするわけです。

物事の抽象化をしていくのって難しい、だからしっかり考えないと「プレミアムフライデー」のような本質的でない解決策が打ち出されてしまう。

 

常に、生産性を意識して仕事する、そのノウハウをできるだけ共有していくことで

私は、働き方改革推進していきたいと思います。

ブログ開設して2ヶ月が過ぎたので 月間PV実績と感想

ブログを書き始めて2ヶ月が過ぎたので振り返りたいと思います。

率直な感想としては、毎日書き続きたわけではないがよく続いたなというのが感想です。 時間的にも余裕ができてきたのですが、個人的には読書感想文を増やしていきたいなあ

ブログをはじめたきっかけ

そもそも始めた目的は、ブログのタイトルにもあるように
広告で人を幸せにしたいという気持ちがあり、それを実現する手段でした。
 
私は読書が大好きです、技術系の本から自己啓発系の本、経営者の本など何でも読みます。進められて読んだ本で人生変わったことなどは何度もあります。
稲盛和夫さんやちきりんさんの本は、とても影響をうけました。
自分が読んだ本を紹介したことで、誰かの人生に影響を与える。

それが広告としてできたら最高だなと。
 
また、本は読んでも忘れる。
そして人に紹介できるくらいにまとめておきたかったので3分で要点だけかいつまんで話せるように
アウトプットしていこうと思い読書感想文を書いていこうと思いました。
 
 
また広告に関しては私はまだまだ素人です。
このブログを通じて自分が発信することで広告のことを身に着けいきたいと思ったし、
いつかは横山さんのように、若手に影響を与えるブログを書きたいなと思いました。
 

因みにこのブログを読んだのがきっかけだったりします。

若い広告マンに告ぐ - 業界人間ベム

実際やってみて感じたメリット

・ライターさんの気持ちがわかった

・アフィリエイターさんの気持ちがわかった

・検索流入って難しい 検索狙いの記事をかくのはつまらない

SEMの勉強になった Analyticsの勉強になった

・読書のアウトプットとして有効的  

 

ブログをアウトプットの場として使えるのが便利です。

SEOの勉強をして実際にサイトに反映したり

HTMLの勉強して、実際にテーブルタグを組んでみたり

Analyticsを運用して、流入元やカスタム設定をしてみたり

ライティングを勉強して記事を書いてみたり、

本や業務で学んだことを自分でもまとめてみたり。  

 

コーディングはワードプレスで引き続き勉強していきたい

ブログ書き始めて2ヶ月目のPV

f:id:jollibee0719:20170913152718p:plain

 

平均と比べて低いじゃないかなと思っています。
実際に記事を書いたのが6月の末なので、性格ではないですが

上述のブログの目的を達成するためにも

 

①PV数:どれだけ記事をみてもらえているか

直帰率:記事を読んで面白いと思ってもらい、他の記事も読んでもらっているか

③平均セッション時間:じっくり記事を読んでもらえているか

④ユーザー数:どれだけ多くの人に見てもらっているか

 

はウォッチしていこうと思います。

まずは月間1,000PV。
 

広告で人を幸せにする。

 

私が最高に笑った広告デザイン 恐るべし日清食品さん

 

私が広告が好きなのは、それで相手の行動を促したり、その商品と出会って人生観が変わったりと、出会いの創造の手段というところがあったりします。

しかし、今はたくさんのメーカーのたくさんの商品あるので、

私達は生活している中でたくさんのメッセージを受けています。

 

そうすると、企業側も自分達の都合のいい事(ひたすら商品の機能を謳うような)

メッセージでは、消費者に無視されてしまうのです。

合コンで女の子を振り向かせるのと似ていると個人的には思っています。

狙っている子に振り向いてもらうためには、面白い事をいって注意を引くのが上手い人っていると思うのですが、広告も面白いと思ってもらえるコンテンツやクリエイティブに乗せて、商品の良さをアピールをしたりします。

 

そしてそれが上手いのが日清食品さんです。

 

ちょっと話をそらしますが、皆さんはマンションなどの不動産広告を見たことありますでしょうか。

「六本木が庭という日常」とか

「梅田の夜景をこの手に」みたいな

f:id:jollibee0719:20170912163817j:plain

 

こういうのを新聞のチラシとか、駅のホームで見かけたことあるかと思います。

これは不動産特有の文化でして、なぜかポエム広告を非常に好みます。

というのも、不動産も化粧品同様に広告規制が厳しく以下のようなルールが設けられています。


①完全、完ぺき、絶対など用語
②日本一、抜群、当社だけのなど用語
③特選、厳選など用語
④最高、最高級など最上級を意味する言葉用語
⑤格安、掘り出し物、土地値など用語
⑥完売など著しく人気が高く、売れ行きが良いことを意味する用語

 

私はこういうキャッチコピーあまり好きじゃないですが、よく考えるなと関心します。

 

話を日清さんに戻します。

日清さんは、この文化をうまく利用して面白い広告を打ち出したのがこれです。

 

f:id:jollibee0719:20170912164837j:plain

聖域と書いてサンクチュアリと読ませるのもあるあるです。

 

f:id:jollibee0719:20170912164857j:plain

天プラ。それは、天まで響くプライド。

f:id:jollibee0719:20170912164845j:plain

これは澄めないと住めないをかけていますね。

 

f:id:jollibee0719:20170912164929j:plain

これは悪意しか感じない、先程の千葉をディスってるw

 

 

これが実際の電車内などに貼られているから驚きです。

電車内で吹いてしまいますよね。

 

しかしどん兵衛はこれだけではありません。

あのラッセンとのタイアップ広告もあります。

 

www.donbei.jp

かき揚げを描きあげるという親父ギャグですが、

真面目にフザケている感じが大好きです。

思いついてもやらないよな、っていうのが同業者としての感想です。

コンペ案件でこんなの出されたら、完敗です。

 

 

直近ですとこんなキャンペーンもやってました。

開発担当者のコメントが秀逸です、電車で読んだり飲み物を口に含みながら読まない事をオススメします。

黒歴史トリオという、過去に全く売れなかった商品のリブランディング企画です。

 

www.cupnoodle.jp

 

 

面白すぎて、気になる!

思わず、全部買いました!!

 

このように商品を好きになってもらうために、こういったバラエティ要素をのせることで届く広告もあります。

ここまでいくともはやエンターテイメントの領域ですが、日清さんへのブランドの高感度も高くなるという効果もあります。

ソフトバンクのお父さんシリーズとかもそうでしたよね。

 

 

個人的にはもっと話題になっていいのになと、思うのですが

日清さんは、かっこいい動画やインスタ映えを狙った広告もやっています。

これから、日清食品さんの広告に目が離せません!!

どんばれ!!